2017年冬の説明会 参加登録受付中![東京]11月4日[大阪]11月5日開催 MORE>>

ALLEXとは

ALLEX(Alliance for Language Learning and Educational Exchange)は、秋尾晃正氏により1988年に設立された、北米大学教育交流委員会(英語名Exchange:Japan=E:J)を正式に引き継いだNPO団体です。

北米大学教育交流委員会は、1979年に南北海道国際交流センターとして17人のアメリカ人留学生を対象に実施した2週間のホームステイプログラムを皮切りに、国際教育交流事業を開始しました。このホームステイプログラムはその後、そこに住む人々のみならず地方行政をも巻き込み、地域に根ざしていくことになります。また、日常生活を共にすることで外国人留学生と地域の人々とが相互理解を深める「草の根交流」の形態は、地方における国際交流事業の草分けとして他地域の交流事業のモデルにもなりました。そして、地方の国際意識と外国人の日本理解の高揚への貢献に対し、1984年に外務省特殊法人国際交流基金より第一回国際交流奨励賞地域交流振興賞が授与されました。1988年には東京を拠点とした北米大学教育交流委員会が設立され、 Educational Exchange Program(現 Teaching Associate Program)を開始しました。のち2000年には、新しくJapanese Teaching Associate Program(現 Teaching Fellow Program)も始まりました。また、2006年からは、日本語講師の養成に加え、中国語講師の派遣も開始し、2014年には初めての韓国語講師を派遣しました。

アメリカ日本語教育界の第一人者であるエレノア・ジョーデン先生(コーネル大学名誉教授)と、アメリカにおいて優れた日本語教員の育成を目標としていた教授陣が手を組み、1988年のE:Jの活動開始以降、質の高い日本語教員が増加しました。このプログラムを通して日本語教育及び中国語教育に携わった派遣生は、これまでに850人を超えるまでなりました。また、多くの派遣生が派遣修了後に様々な分野で博士号を取得しており、ハーバード大学やイェール大学、コーネル大学、マサチューセッツ工科大学といったような優れた大学で日本語教育に従事している卒業生も多数います。

北米大学教育交流委員会は都合により2002年に活動を停止し、2004年にはALLEXが草の根レベルでの教育交流を目的にNPOとして立ち上げられ、その活動を引き継ぎました。 そしてALLEXは現在、経験豊富な日本語教授陣と、国際交流に尽力してきたチームによって支えられています。

ALLEXがアメリカの大学に支持される理由

ALLEXがアメリカの大学に支持される大きな理由の一つに、派遣生が厳正な選考審査を通過し、体系的な日本語教授法の研修を受けた、大学側が信頼して正規の日本語講座を任せられる人材であることが挙げられます。また、ALLEXがオハイオ州立大学やワシントン大学セントルイスなどの著名な教授陣に支えられた質の高いプログラムであること、そして何よりも、第1期からのALLEX生たちが残してきた実績によって、信頼のおけるプログラムとしてアメリカ全域で支持されています。

2018年度奨学生二次募集
12月5日応募締切

GET MORE INFORMATION